So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

ドパミンアゴニスト療法 [不妊治療法]

プロラクチンは脳下垂体から分泌されるホルモンで乳腺刺激ホルモンとも呼ばれています。

このホルモンはお産の後に分泌が増し、乳汁の分泌を促します。一方、このホルモンは

性腺刺激ホルモンの分泌を抑制する作用があります。

プロラクチンの分泌が増し血中の濃度が規定以上(15ng/ml以上)になると、

卵胞発育が傷害され月経異常を起こし、最悪無月経になることがあります。

血中プロラクチンの異常高値での排卵障害になった場合

必要になるホルモン療法がドパミンアゴニストによる治療です。


ホルモン療法 [不妊治療法]

本来、男女共に体内で、いろんなホルモンが生産されていますが、 なんらかの原因でホルモンを作る機能が低下して、妊娠に必要な ホルモンが十分に分泌されない状態であると、妊娠するのが 難しくなります。そこで、人工的に作りそれを投与することで、 補おうとするのが、ホルモン療法になります。 男性の場合は、精子の製造を活性化させるホルモンを投与して、 活性化を図ります。女性の場合は、排卵障害や、子宮内膜症の 治療などでも、ホルモン療法は行われています。 ニュースなどでも、妊娠中の食べ物で気をつけたほうが良いものに、 大型回遊魚の妊娠中の摂取量を控えたほうが良いと言われて いましたが、有害化学成分などが妊娠を阻害し、体内の赤ちゃんに 大きな影響を与えてしまう可能性が大きいのです。阻害する原因を 知ることも大切なことです。そして、自然妊娠を夫婦そろって、 医療機関に行く前に、自宅で出来る方法で精神的に負担も少なく、 体内の自然妊娠をするための機能の改善を出来る方法があるのです。 ほとんどリスクなしに・・・・・ ほとんどリスクなしの詳しい方法は⇒⇒⇒こちらからどうぞ






リンク
不妊症療法は、女性だけではなく男性も必要です。
不妊症治療、夫婦一緒に自宅で出来る方法とは
不妊症でも自然妊娠ができる方法

nice!(0) 

ドパミンアゴニスト療法 [不妊治療法]

男性に原因があるのに、女性だけ頑張っても効果は望めません。医療機関で不妊治療する時には、夫婦そろって行うことに意味があります。 しかし、現状では、まず女性が診察をうけて、女性に問題がある程度見込まれたときに、男性に検査をしてもらうようにすることが多いようです。 旦那さんの理解や仕事の都合も考える時、大変なことです。精神的に女性の負担は相当なものになります。平均して約一年、治療を断念する人が多いようです。 会社を休むことなく、自宅で自然妊娠の出来る方法があるとしたら貴方はどうしますか?
詳しくは⇒⇒⇒⇒⇒⇒こちらからどうぞ


リンク 不妊症の治療方法と栄養の関係 不妊症とゴナドトロピン療法(hMG・hCG療法) 不妊症とクロミフェン療法

nice!(0) 

ドパミンアゴニスト療法とは [不妊治療法]

不妊治療で、ホルモンの数値を適正かどうか調べますが、プロラクチン(乳腺刺激ホルモン)というホルモンがあります。このホルモンは、お産後に増加して、母乳の分泌を促すのですが、他方の働きは、性腺刺激ホルモンの抑制作用がありますので、卵胞が十分に発育しない原因にもなりますし、プロラクチンが一定以上増加すると無月経なる可能性が高くなります。プロラクチンによる排卵障害を治療する為に行う治療がドパミンアゴニスト療法と言われています。方法は、薬の服用(テルグリッドやブロモクリプチン)が多いようです。 不妊治療は、段階がいくつもあって、一つ一つ順を追って治療する方法です。初期段階で改善されれば、期間は、短くなりますが、長期になることを念頭に置いたほうが良いようです。 初期治療は、ホルモン療法、タイミング療法、人工授精になりますが、それでも効果がない場合には、高度生殖医療に移行します。ドパミンアゴニスト療法の副作用としては、下痢や、めまい、疲労感や頭痛が挙げられています。 誰もが、自然に妊娠することを望んでいます。自然に妊娠するには、身体の内分泌系の改善や、妊娠を阻害する原因を知り、対策する必要があり、不妊治療をする前に、一度自然な形で、自分の身体を整えてみてはいかがでしょうか。

詳しくは⇒⇒⇒こちらからどうぞ






リンク
不妊症どうしていいのかわからない
妊娠したいけどできない、二人目の妊娠(排卵前の13日間の秘密)
孫の顔をみせたいですね。HCG療法などでだめでも、不妊の方が、わずか2ヶ月で妊娠!!

nice!(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。